2009年3月19日木曜日

「ビオトープ通信」 第22号

ビオトープ倶楽部会員の皆様

先日の雪の後、急に暖かくなりましたね。

春を通り越して初夏のような陽気です。

さて、本年度最後のビオトープ通信では、長津田の里山でのハイキングの様子をご報告します。

どんな春が見つかったのでしょうか。

§ 新着情報

1. 「活動報告 08年度第11回 『春を探してハイキング』」

URL: http://biotop-project.blogspot.com/2009/03/0811.html

§ 限定公開フォトアルバム

第11回活動「春を探してハイキング」の限定公開フォトアルバムへのご招待です。

重要なお願い:

フォトアルバムのリンク情報は、ご家庭の外には開示しないでください。
ご家族以外の参加者のお顔が写った写真の再掲載、再配布はしないでください。
(当日参加者にも禁開示、禁再配布)
個人情報保護にご協力願います。

URL: [メールマガジン版のみの掲載]

2009年4月18日まで約1ヶ月の期間限定なのでお早めにどうぞ。

備考:

サービス提供元の「フォト蔵」の制限で携帯電話ではご覧になれません。
携帯電話で「ビオトープ通信」をご覧の方は、本メールをご自身のパソコンのメールアドレスに転送して、パソコンでアルバムをご覧になってください。

つくし野小学校ビオトーププロジェクトより

2009年3月14日土曜日

活動報告 08年度 第11回 「春を探そう」

文: 田村校長先生
写真: 三浦さん

今年度最後の第11回活動は、5月に歩いた国道246号線の神奈川県側、つくし野アスレチックコースの外側をぐるりと回って、春を探しに行ってきました。

昨春に一度歩いたことがある、杉(すぎ)花粉が飛散(ひさん)している、インフルエンザが流行しているなどもあるのか、39名の参加でした。

つくし野駅に集合して出欠を確認、今回のテーマである「春を探そう」の説明をした後出発しました。


キツツキの仲間が開けた穴やメジロの巣を見ながら、森村学園の森を通って、八坂神社に着きました。

着いたとき、正面の大木(たいぼく)にキツツキの仲間を発見しました。

コゲラにしては大きい。あれが、青ゲラかと思いました。

あとで写真で確認したら、頭頂部が赤いので青ゲラに間違いありません。

初めて見たので、とても感動しました。

八坂神社で、長津田の由来(ゆらい)、古道(こどう)などを、今回初参加の6年男子児童にとても丁寧(ていねい)な説明をしてもらい、よくわかったと同時に博識(はくしき)ぶりに参加者一同舌を巻きました。





大石神社から王子神社を通って、今回は福泉寺の下の畑地帯を通りました。

レンギョウなどを見て、その後も馬酔木(アセビ)、キブシボケハナダイコンなど、たくさんの花を見ました。

畑地帯から尾根道(おねみち)に行く途中で、満開のミモザをバックに写真を撮ったり、ツクシつみをやりました。

尾根道を歩いて天王社(てんのうしゃ)のところまで来て、以前にも見たアリジゴクの巣を見つけました。

また、クヌギの木の上の方にカラスの巣があり、カラスが一羽出入りしていました。

営巣(えいそう)が始まったようです。

しばらく歩いて左に折れ、谷戸(やと)に入りました。

古い集落があり、素晴らしい谷戸の景観が残されています。

そこに開発予定の看板が立っており、10年後には見られなくなるかもしれません。

そこを見た後、竹林(ちくりん)を通って小池さん達が登りやすいように整備してくださった斜面を登り、手入れの行き届いた雑木林(ぞうきばやし)でおやつをいただき一休みです。

大きな山桜があり、4月になったらきれいだろうななどと思いました。

5月に歩いた畑は春耕(しゅんこう:季語)を待っている様子で、ラッキョウが脇(わき)に植えてありました。

畑の隅(すみ)にはボテと呼ばれる畑から出た小石が集められたところがあり、縄文土器(じょうもんどき)のかけらをいくつか発見しました。

数千年前から人々が住んでいたんだなあと思いました。





再び雑木林を通って、遠くにコブシの今にも咲(さ)きそうな木を見ながら出口のセブンイレブンに向かいました。

そこでも、病院建設のため林が削(けず)られていました。

わずか1年くらいの間にも、どんどん里山の景観が変わっていくことを実感しました。

ゴールのセントラルパークに着いて、感想の発表です。

カラスやメジロの巣、蜂(はち)の巣、アリジゴク、桃の花などがおもしろかったという言葉が多く聞かれました。

これで1年間の活動が終了です。

皆さん、ご支援、ご協力をありがとうございました。

来年度も新しいメンバーを迎え楽しくやりたいと思います。

よろしくお願いします。



08年度 第11回ビオトープ活動 アルバム

2009年3月6日金曜日

次回予告 3月14日(土) 「春を探してハイキング」


08年5月の活動より

例年より早い菜種梅雨の季節を迎えましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

2月14日(土)の活動では、90名を超える方のご参加をいただき、麻布大学まで遠征し、大学生の使う器材で実験を行うことができました。
自宅へ持ち帰った無菌培養のホテイアオイは芽が出てきた頃かと思います。

さて、本年度最後の3月の活動は、今年度5月に実施したコースをベースにつくし野近くの里山を歩き、早春の動植物を観察してみたいと思います。春の七草のいくつかが見られると思います。

参加を希望される人は、ふるってご参加ください。ご参加いただける方は、3月10日(火)までに本日全校配布の申込用紙に記入の上、担任に提出してください。

開催日時・場所

  • 3月14日(土) 13時00分
  • つくし野駅前集合

スケジュール

13時00分つくし野駅前集合
13時15分つくし野駅出発、ウォーキング
16時30分つくし野セントラルパーク解散

用意する物

  • 筆記用具
  • 名札(必ず付けてください)
  • 水筒
  • タオル
  • 雨具
  • 帽子
  • マグカップ

備考

  • 動きやすい服装と靴でご参加ください。
  • 原則として、1・2・3年生は保護者と一緒にご参加ください。
  • 雨天の場合はつくし野小学校で校内ビオトープの整備を行います。

「ビオトープ通信」 第21号

ビオトープ倶楽部会員の皆様

もう今年は降らないと思っていたら、3月3日に雪が降りましたね。

児童たちには少し物足りない積もりかたでしたけど。

雪が降らないと地球温暖化を心配するようになったこのごろですが、近年、太陽の活動が不活発になってきて、ふたたび小氷期を迎えるので心配いらないという説も出てきました。

とはいっても太陽の将来の予定は誰にもわかりませんが。

さて、次回は春を探して再び長津田の里山にハイキングに出かけます。そこそこ暖かいといいですね。

またまたホワイトデーと重なりましたが、今回もご予定のない方はふるってご参加ください。

§ 新着情報

1. 「次回予告 3月14日 『春を探してハイキング』」

URL: http://biotop-project.blogspot.com/2009/03/314.html


つくし野小学校ビオトーププロジェクトより