2013年3月16日土曜日

活動報告 2012年度特別交流活動 「町田市立小山中央小学校特別支援学級あおば:再生可能エネルギーを学ぼう!」

文:小池さん
写真:小池さん、井上さん
小池です。活動報告をします。

2013年3月16日土曜日、土曜授業の日だった町田市立小山中央小学校特別支援学級「あおば」の2時間目、3時間目、4時間目に、昨年に引き続いて2度目の交流活動をしましたので報告をします。

このプログラムは、つくし野小学校で昨年9月行った、「エネルギーを学ぼう!~ソーラーカー・ソーラーカモメを作ろう」の活動の時、実施したオリジナルプログラムを特別支援学級の子供たち向けに適用させたものです。細かい部分は整理し、シンプルな形で伝わりやすいよう、工夫をしました。
大きく変えたのは、私ひとりで子供たちに話すのではなく、今回も支援に来てくれた東邦レオ(株)の小松春奈さんにお願いして、わたしとの掛け合い(質問したり、答えたりすること)の方法にしてみたことです。この方法であれば、聞いている子供たちにゆっくりと考える時間ができ、小松さんが、私が話したことをやさしく言い換えてくれ、やわらかくやさしく伝わることを期待したのです。
結果は、大成功。子供たちは、先生もおどろくほど、熱心に聞いてくれました。
2時間目は、つくし野小でやったのと同じ10問クイズ3択方式で、エネルギーについて勉強しました。
みんな、質問をよく聞いて、熱心に答えてくれました。

わたしや担任の渡辺先生がこれまで生きてきた50年ほどの時間に、人類は石油をたくさん使い、もう半分は使ってしまったこと。みんなが私くらいの年齢になる40年後にはもう石油はなくなっているだろうこと。だから、エネルギーを大切に使わなくてはならないことをお話ししました。
白熱電球・電球型蛍光灯・電球型LEDの消費電力の違いの実験もしてみせました。

2時間目の前半は、私が仕事で担当した中央区立明石小学校の業務で子供たち用に特別に制作した「私たちの学校が出来るまで」の小冊子で、エコスクールについてお話しました。
最新の建物や小学校は、さまざまな方法を工夫して、エネルギーを大切にしたり、再生可能エネルギーを利用するように作られています。

2時間目の後半から、3時間目にかけて、一人にひとつずつソーラーカモメのキットをプレゼントしてつくりました。
なかなか作るのはむずかしかったね・・・。
それでも、いくつかは太陽の光を受けて、やさしくはばたいてくれました。

あおばの教室の窓際に、ソーラーカモメが並び、太陽の光を受けていつまでも羽ばたいていてくれることを願っています。
あおばでサポートしてくださった皆さんありがとう。
あおばのこどもたちに、お礼にもらったクッキーを次の日に食べましたが、とてもおいしかったです。

町田市教育委員会から田村健治先生がわざわざ来て下さいました。
つくし野小から、保護者の井上さん、Oさんが支援で同行してくださいました。

参加者は、児童6名、先生4名、講師他5名の合計15名でした。

いつかまた、交流活動が実現することを願っています。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

つくし野ビオトーププロジェクトに参加した感想や、質問、希望など、どしどし書こう!
コメントの記入者欄には、ニックネームなど入れるときは、「名前/URL」を選んで、名前の欄にだけ、ニックネームを記入してください。「匿名」でも結構です。
間違えた内容を投稿したら、もう一度投稿し直してください。最後のご投稿だけを掲載します。
なおスパム防止をかねて、掲載の前に管理人がチェックを行っています。
そのため、コメントが掲載されるまで、少しだけ時間がかかりますことをお許し下さい。