2013年12月14日土曜日

活動報告 13年度 第9回活動「たき火をしよう!火を学ぼう!」

文:小池さん
写真:井上さん、小池さん

小池です。活動報告をします。12月14日土曜日の午後、本年度8回目の活動をしました。このプログラムはもう8回目、例年最大の参加者を集める人気活動です。

いつもの活動と違い、たき火の材料を1月前から準備して小学校に運んでおき、当日も朝から保護者の皆さんに準備を手伝っていただきました。

はじめに私から、火のお話をしました。
人は、火を使うことを覚えて、体が強く大きくなり、火のエネルギーを使って様々に文明を発達させてきたことをお話ししました。

ローマ時代の4大元素説(万物は水・空気・土・火によって構成されている)は、人の暮らしにもっとも近く、重要なものを伝えているけれど、「火」だけは、現在の人々の暮らしから危険なものとして遠ざけられてしまっている。でも、見えない形になっても今も人々の暮らしを支えてくれている。しかし、ひとたび大震災などの災害が起これば、人々はたき火などで食べ物を作ったり、暖をとったりしなくてはならなくなる。

また、火を見ているととても心が落ち着いたり、幸せな気持ちになったりすることもある。今日は、子どもたちだけで、たき火の準備をし、焼き芋を焼いて食べる経験をする中で、最近なかなかできない経験をし、色々なことを学んでほしい・・・とお話をしました。

災害時の事を考えると、こうやってみんなで食べ物を作る経験は、いざというときに、貴重な体験になると思うというお話もしました。

2013年12月1日日曜日

開催のお知らせ 12月14日(土)第9回活動「たき火をしよう!火を学ぼう!」

今回の活動は、お待ちかねの活動です。校庭でたき火をし、畑でこの春から育て収穫したてサツマイモを焼き芋にしたいと思います。本年は、8年前の最初の活動スタイルに戻し、料理の数を減らし、ねじりパンなどは実施しません。シンプルに子どもたちだけでおイモを焼き、たき火を楽しむ形に戻します。マシュマロやクルミは焼きます。あとはお楽しみに。無料です。地域でたき火が出来るチャンスです。ご参加ください。

【開催日時・集合場所】

12月14日(土)
13:00 つくし野小学校校庭集合(12:45受付開始:13時までに受付をしてください)
13:15 活動開始⇒火と人の暮らしについてのお話し⇒子どもだけでたき火・焼き芋
16:10 活動終了予定(小学校で解散)
  お願い:当日10:30から校庭で準備を始めます。保護者のみなさんのご支援をお願いします。
14日が雨天の時は翌15日に順延
 ※緊急の連絡はビオトーププロジェクトのホームページに掲載

【持ち物】

名札・カードケース、軍手、タオル、木綿など火の粉で溶けない服装、熱いものが入れられるマグカップかお椀、使い捨てでないお皿、飲み物・帽子などは個人の責任でお願いします。
※ この活動は食材費として、例年、参加者一人100円を集金していましたが、本年は集金しません

申込み受付は終了しました