2017年12月6日水曜日

報告:畑のウネ起こし

耕運機で、初めてのウネ起こし
12月3日日曜日午後、次週の活動に備えて畑の準備をしました。
急でしたので、どなたにも声をかけず、一人での作業。
本年度、助成で購入した耕運機は、これまで畑の一部を耕すことに利用してきました。
ウネを建てる器具も同時に購入してあったのですが、この作業をするのは初めて。
最初に、前回中村さんが大きなトラクターで耕耘してくださったものの、隅っこは大型機械ゆえにうまくできていなかった部分もあるので、そこから耕し、畑の周りを一周。
いよいよウネを建てたのですが、最初の部分はコツがつかめず、まっすぐになっていません。
[最初に耕した皆に側は、曲がってしまい。なかなかむつかしい…]
途中で、ガソリンの補給をしたりして、継続。
それでも次第にコツがつかめ、うまくなり・・・。
[まずまずのできばえ…]

[端は、片側だけからの作業なので、まあこんな感じ]
うまくできたウネがある一方で、そうではないものもありますが…。
基本的に耕すときは、耕運機が先に行かないように、引っ張る感じ。
逆にウネを建てる時は少しずつ押していく感じ。
12本のウネが建てられました。
[後ろにつけた、薄紫色の羽根型のものが培土機(ばいどき:うねを建てる器具)]
やってみなくちゃわからない!
次回活動をお楽しみに!!
以上です。
文章:小池常雄
写真:同
ブログ編集:同
撮影日:12月3日
ブログ公開:12月6日



2 件のコメント:

  1. 中村さんを師匠に、そのうちプロのお百姓にデビューしそうな勢いですね!素晴らしい!金森

    返信削除
  2. お疲れ様でした😄

    返信削除

つくし野ビオトーププロジェクトに参加した感想や、質問、希望など、どしどし書こう!
コメントの記入者欄には、ニックネームなど入れるときは、「名前/URL」を選んで、名前の欄にだけ、ニックネームを記入してください。「匿名」でも結構です。
間違えた内容を投稿したら、もう一度投稿し直してください。最後のご投稿だけを掲載します。
なおスパム防止をかねて、掲載の前に管理人がチェックを行っています。
そのため、コメントが掲載されるまで、少しだけ時間がかかりますことをお許し下さい。