2008年5月17日土曜日

解説 08年度 第2回 「里山にいってみよう Ver.2」 Part 9

執筆者: 高見顧問

王子神社~福泉寺

王子神社を出て国道246号線を歩道橋で渡ります。歩道橋の上からは先ほど見た王子神社のモミの木が良く見えます。木の上の方を見てみましょう。幹近くに枯れ枝が絡まっているのが見えます。ここにも野鳥の巣がありました。それも良く見ると高さの異なる枝に3つも見つかります。こんな近くに3家族が住んでいるのでしょうか。鳥が子育てしている気配はありますか。


歩道橋から西を見ると国道が丘陵の一部を削って通過しています。切通しです。昔は大山街道と呼ばれていた道路です。この国道は幅が広く、交通量も多いので、生き物が横断するには危険です。生き物がこの国道で分断されています。生き物が安全に行き来できる生き物用の道もほしいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

つくし野ビオトーププロジェクトに参加した感想や、質問、希望など、どしどし書こう!
コメントの記入者欄には、ニックネームなど入れるときは、「名前/URL」を選んで、名前の欄にだけ、ニックネームを記入してください。「匿名」でも結構です。
間違えた内容を投稿したら、もう一度投稿し直してください。最後のご投稿だけを掲載します。
なおスパム防止をかねて、掲載の前に管理人がチェックを行っています。
そのため、コメントが掲載されるまで、少しだけ時間がかかりますことをお許し下さい。